日本包装リースは、包装機械および関連機器等の国内唯一の専門のリース会社です。

お問い合わせ

包装リースだより

包装リースだより(2018年2月号)

2018年02月15日

営業部長紹介

東日本営業部
部長 樋口貴久

営業で入社して早17年、気が付けば13名の部下を抱え責任ある立場になりました。
昨今のリース営業環境は私が入社した当時と比べると厳しい時代になっています。入社当時は誰もが聞いたことのある上場企業や業績堅調な中小企業とのリース契約案件を継続して数多く経験させてもらいました。
時代の流れから、リース会計基準の変更による上場企業のリース離れを発端に、補助金や、ゼロ金利政策による金融機関の低利貸出競争のあおりからリース案件の絶対数が減少していると感じます。
そんな厳しい状況ではありますが、弊社の営業は包装機器における設備提案力(専門力)を磨き、ニーズに対応できる唯一無二のリース会社として厳しい時代を積極的な営業活動で乗り越えたいと思っています。また、包装機器に係る業界発展に寄与できるよう日々業務に取り組んでいく所存です。
弊社営業部員が訪問させて頂いた際は是非とも耳を傾けて頂ければ幸いです。

西日本営業部
部長 山本 亨

9年振りに西日本に戻り、約1年が過ぎました。お客様回りをしていて、当時より発展している姿を拝見すると、凄く嬉しく、そして仕事の原動力にもなっており、この場をお借りしてお客様並びにご紹介頂きました機械メーカー様にお礼を申し上げます。
十年一昔と良く言われますが、リーマンショックが起こってからもうすぐ十年です。世界的経済危機、金融危機を乗り越え、現在は、業種問わず増収増益、過去最高益のニュースで溢れかえっています。
ただ、金融業界においては、メガバンクが大規模なリストラを発表する等不透明感が漂っています。今後、銀行は何かにつけて手数料収入(口座維持手数料等々)を強化していくと思われますので、設備投資の際には、固定で手数料が発生しないリース(割賦)を是非同じ土俵でご検討下さい。私ども日本包装リースは様々な情報を付加価値として皆様方にご提供させて頂きます。
最後になりますが、西日本営業部の戦力である女性スタッフも写真で紹介します。プレゼン資料の作成や業界情報収集、企業分析等幅広く営業マンのサポートをしております。営業マン共々よろしくお願い申し上げます。

お問い合わせpagetop