日本包装リースは、包装機械および関連機器等の国内唯一の専門のリース会社です。

お問い合わせ

包装リースだより

包装リースだより(2018年5月号)

2018年05月15日

企画管理部管財課紹介

今回は弊社において、リース期間満了後の再リース契約や物件返還に伴う手続き、お客様の事故に伴う対応、さらにリース物件の返還・引揚げに伴う処理を担当している管財課の担当者を紹介します。

企画管理部管財課
次長 藤井 茂

平成6年10月に入社し、24年が経とうとしています。入社時は大阪営業所(現在の西日本営業部)での採用で、10年間営業部で勤務した後、平成17年4月に東京へ転勤、現在の部署に配属されました。
配属当初は、例えば、倒産事故にどのように対処して良いのか解らず、弁護士が話す法律用語も初めて聞く言葉ばかりで緊張の連続でした。
転勤後、13年が経過しましたが、今なお関西弁だけは直らず(直すつもりが無い?)、電話ではお聞き苦しい場面もあるかと思いますが、仕事では迅速かつ丁寧に対応する事を心掛けておりますので、今後とも宜しくお願いします。


企画管理部管財課
   大野道子

平成18年4月に入社以来管財課で、主に再リース契約に関するお客様対応、物件売却・廃棄処理、書類、資料作成等を行っています。
お客様からの電話対応では再リース契約に関する様々なご意見、ご質問をお受けすることも多いですが、リース契約の基本をベースにしつつ、お客様のご事情も考慮した上で柔軟な対応が出来るよう日々心掛けております。
お客様から包装リースで契約して良かったと思っていただけるよう、これからも頑張りますので、宜しくお願い致します。

お問い合わせpagetop